まん延防止等重点措置に伴う
臨時休業延長のお知らせ

Saloonでは、新型コロナウイルス感染症「まん延防止等重点措置」の適用に伴う営業時間短縮要請を受け、現在おこなっております臨時休業期間を、2021年5月11日(火)まで延長させていただくことといたしました。
以降の営業再開に関しましては、当ホームページ・各SNSにてご案内させていただきます。 度重なる変更に、お客様にはご不便・ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解ご協力宜しくお願い申し上げます。

SALOON

イベントを読み込み中

x

201803.25

SALOON

COSMOPOLYPHONIC Presents “Benedek” Japan Tour in Tokyo

OPEN16:00 DOOR¥2,500

LINE UP

LINEUP:

Benedek (Leaving Records / PPU / ARCANE)

YAMAAN (TempleATS)

SUNTRA

stupid kozo (Abysmal Lounge)

submerse

 

Fujimoto Tetsuro

RLP

RGL

Tidal

INFORMATION

COSMOPOLYPHONIC

 

 

Benedek (ベネディック)

ベネディックは、ロサンゼルス出身のプロデューサー/ソングライター/マルチ楽器演奏者/DJである。ハウス/ブギーなどのダンスミュージックから、西海岸のG-ファンク・ヒップホップ/ジャズ・フュージョン/エクスペリメンタル・ニューエイジなどの音楽もブレンドしたスタイルが特徴。楽曲制作やライブでは、アナログシンセサイザー/ドラムマシン/エレキギターを駆使したサウンドで人気を持っている。 2011年に[Stones Throw]のデイム・ファンクによってフックアップされコラボ曲「That’s My Jam」でデビューシングルをリリース。その後70-80年代の秘蔵ディスコ/ブギー曲のリイシューや、ハウス/ブギー系のニューアーティストのリリースなどでカルト的なファンを持つレーベル[Peoples Potential Unlimited (PPU)]からデビューアルバム『Untitled』をリリース。2016-2017年に渡って、地元LAの若い音楽コミュニティでも人気を持つ[Leaving Records]からEP『Coolin’ 』とフルアルバム『Bene’s World』をリリースした。2018年1月にはマインドデザインやジョイス・ライスと共にオーストラリアツアーを敢行し、3月にはソロのアジアツアーを控えている