SALOON

イベントを読み込み中
20161124

x

201611.24THU

EACH TIME

OPEN20:00 DOOR1st Drink ¥1,000

LINE UP

GUEST DJ: 

COMPUMA

DJ EMERALD

 

DJ: 
TOMMY (V/TECHNIQUE)
pAradice (DUNE/△)
J.A.G.U.A.R. (サンタフェ/PURE IBIZA)
マイケルJフォクス
KAMO

 

HOST
小祝

 

20161124_compuma

COMPUMA
ADS(アステロイド・デザート・ソングス)、スマーフ男組、Space Mcee’z(ロボ宙&Zen-La-Rock)とのセッション、Umi No Yeah!!!での活動等を経て現在へ至る。DJとしては、数多くの国内外のアーチストDJ達の共演サポートを経ながら日本全国の個性溢れるさまざまな場所で、日々フレッシュでユニークなジャンルを横断したイマジナリーな音楽世界を探求している。自身のプロジェクトSOMETHING ABOUTからMIXCDの新たな提案を試みたサウンドスケープなミックス「Something In The Air」シリーズなど意欲作も多数。Dr.NISHIMURA(Discossession)AWANOとの悪魔の沼クルーとしても活動中である。BGMをテーマにした選曲コンピレーションCD「Soup Stock Tokyoの音楽」など、音と音楽にまつわる様々なシーンで幅広く活動している。newtone records & elsur records所属。

 

20161124_emerald

DJ EMERALD
ミラーボールの煌めき、陽炎の揺らめき、終わりのある永遠、毎秒が旅のはじまり。DJ Emeraldは、光と影の間を浮遊するかのようなミックスで都内のクラウドを魅了している。クラブ、ライブハウス、ギャラリーやカフェなど、シーンによりジャンル・ムード・コントラストは様々。2014年、Magic Touch(from LA/100%silk)来日公演時の『Dommune』や、韓国・ソウルの電子音楽フェスティバル『Morph』に出演。過去に、ニューウェイヴ色の強いバンド活動後、2003年よりソロで音楽活動を行っており、ポップス/エレクトロニカを基盤としながらも、右手でピアノを弾き、左手でスネアドラムを叩き、フィールドレコーディングしたテープをカセットデッキで流しながら歌を歌う、というライブパフォーマンスをはじめ、他にはないエクスペリメンタルな世界観を構築。2008年には、バルセロナで行われた『Sonar』で、別プロジェクトのゲストヴォーカルとして出演。また、『13complex』『Synthesmic』などイベントのオーガナイザーとしての顔も持ち、Roland Tings(from Australia/100%silk)、Guillamino(from Spain)、Kumisolo(from France)、Feldermelder(from Switzerland)、D-Fried(from Spain)、Twigs&Yarn(from Texas)などの来日公演を開催。

 

20161124_jaguar

J.A.G.U.A.R.
特選日本語DJ。東京の地下オルタナシーンの熱量と快楽をJ-POP/アニソン/歌謡曲などで形成される日本語の乗ったポップミュージックを使用したプレイで表現。2007年より渋谷BAR SAZANAMIにて和物とディスコのパーティ“サンタフェ”(休止中)を主催。渋谷organbar・新宿OTOなどに国産音源オンリーでのレジデント出演をつづけながら、
2010年1月から秋葉原MOGRAにてJ-POPとダンスミュージックを衝突させるパーティ“PURE IBIZA”(毎月最終火曜19時)をスタート。2014年5月からは代官山SALOONの日本語/国産音源のパーティ“EACH TIME”(奇数月木曜20時)にレギュラーDJとして参加中。近年では全国の主に温泉地の祭りや宴会場の次世代型へのアップデートを提唱するDJチーム「ゆけむりDJs」メンバーとして日本各地で活動中(http://yukemurisound.com/)。様々な現場でプレイする中、ダンスフロアにおける日本語/国産音源の機能性の拡張を試みる。

 

20161124_paradice
pAradice
2006年、三軒茶屋のDJ bar DUNEに勤務と共にDJを始める。酒場文化で煮込まれたジャンルレスな選曲と飲みニケーションで呼ばれるままに音を持ち寄り、日本各地のローカルネットワークと交流。2010年より老舗パーティーLifeForceに参加。2016年2月に最新mixCD”A Blissful Cup”をRIDE GROOVE(http://www.ridegroove.com/)よりリリース。

 

20161124_michael

マイケルJフォクス
200X年未来から”Back to”の後DJを開始。オールラウンドミックスを基調としつつ現在進行形のベースミュージックやJ-POPなども盛り込んだ独自のDJスタイルで、都内を中心に場所やジャンルを選ばないボーダレスな活動を継続中。現在 渋谷OTO「Night Rhythm」、代官山SALOON「EACH TIME」、思い出野郎Aチーム主催「SOUL PICNIC」にてレジデントを務める。

 

20161124_tommy

TOMMY
元Spice Records、現 Technique。